スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-) |
  4. コメント(-)

ウェイクボード WWA WAKE WORLD

9月20-24日までアメリカテキサスで行われたWWA WAKE WORLDの全日程が終了した!
日本ライダーは優勝2個、2位1個、3位2個と合計5人が表彰台にあがり、大きな活躍をした!
また、PRO WOMENでも浅井未来が7位と健闘しこれからの活躍に大きく期待が持てる。
日本においても最近、安井寿紀や手塚翔太を含めたKIDSたちの活躍が目立ち、WAKE第1世代のKIDS達がアメリカのように小さい頃から恵まれた環境ですばらしい成長を見せている!

■詳細はクリック
スポンサーサイト
  1. 2006/09/26(火) |
  2. ウェイクボード|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

ビーチバレー 第15回アジア競技大会(2006年ドーハ)、日本代表チーム出場!

12月1日よりカタールのドーハで行なわれますアジア大会に出場する日本代表チームが以下のとおり決定いたしました。

<日本代表チーム>
スタッフ 
男子監督  瀬戸山 正二
女子監督  山本 知寿
男子コーチ 桐原 勇人

代表選手
男子 朝日 健太郎(フリー)・白鳥 勝浩(湘南ベルマーレ)
    西村 晃一(レオパレス・ビーチウィンズ)・渡辺 聡(湘南ベルマーレ)
女子 田中 姿子(フリー)・小泉 栄子(フリー)
    楠原 千秋(湘南ベルマーレ)・浦田 聖子(レオパレス・ビーチウィンズ) 

<アジア大会試合形式>
・予選は、1グループ6チームのグループ戦
・男子女子交互に隔日で試合を行う。(試合の翌日は試合がない。)
・敗者復活戦なしの決勝トーナメントで順位決定戦を行う。


■詳細はクリック


  1. 2006/09/26(火) |
  2. ビーチバレー|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

世界で活躍する日本人選手(ダーツ 大内 麻由美さん)

photo002.jpg

■名前
大内 麻由美

■競技
ダーツ

■profile
日本が世界に誇る女性プロプレイヤー
実家の横須賀でお父さんが経営する店「cafe & bar Ah!」を手伝うようになったのがきっかけでダーツを始める。お父さんはやはりダーツのトッププレイヤーとして昔から活躍している大内政民さん。
本格的に始めてからほどなく東京ダーツ選手権大会で優勝。その後もさまざまな大会で上位の成績を残し、一気にダーツ界の注目を集めた。
昨年オーストラリアで開催され、数十か国の国が参加したダーツの第15回ワールドカップ(2年ごとに開催)に日本代表として出場し、女子シングルで見事3位になった。ワールドカップ3位は男子を含めて個人では日本初の快挙。

2005 JSFD ランキング1位
2005 ワールドカップ 3位
2005 ブルシューターアジア 優勝

■HP、blog
Web shopping magazine"スクォープ"特集
http://www.scooope.jp/ouchi/


■クリックするとダーツ国際親善試合の動画が見れます!


  1. 2006/09/25(月) |
  2. 世界で活躍する日本人選手|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

世界で活躍する日本人選手(水球 青柳勧さん)

410447.jpg

■名前
青柳 勧(あおやぎ かん)

■競技
水球

■profile
生年月日 1980年8月19日
出身校   京都・鳥羽高校、筑波大学卒
所属   システマ・ブレッシャ(イタリア・セリエA)

小学校3年生の時、京都踏水会で水球をはじめ、京都府立鳥羽高等学校へ進学。1998年には元ユーゴスラビア代表監督であったドラガン=アンドリッジに選ばれ、史上最年少で全日本代表となる。その後筑波大学へ進み、大学1年を終えると同時にスペインへ渡ってプロ1部リーグでプレー。1シーズン20得点とチームに大きく貢献した。
2004年冬、ASDベルガモN(イタリア・セリエA2 )と日本人では初のプロ契約を結ぶ。
2 シーズンプレーをし、1年目にしてセリエA2北リーグ得点王、そして最下位から2位へとチームを導き大活躍をした。
2006年夏、日本で初めてイタリア=セリエA1の四強の1つである、システマ・ブレッシャと契約を交わし日本人には不可能と言われた快挙を成し遂げる。また今シーズン、システマ・ブレッシャはユーロリーグ(ヨーロッパチャンピオンズリーグ)にも出場する事が決まっている。

■HP、blog
公式HP CARPE DIEM -今という瞬間を掴みとる-
http://mycasty.jp/aoyagikan/

  1. 2006/09/25(月) |
  2. 世界で活躍する日本人選手|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

クライミング ワールドカップ マルベイヤ(スペイン)


9月16~17日 スペイン南部のマルベイヤで行われたワールドカップに日本からは7人が出場した。全体の参加者は男子41人、女子29人と少なかったが、その顔ぶれは仏のシャボー以外のオールスターが出揃った、非常にレベルの高い大会だった。

* その中で、今年初のファイナル進出となった小林由佳は、セミファイナルで3位と好位置につけ、5位入賞。男子は安間佐千がシンガポール大会に続き決勝進出し、最高位をひとつあげて7位に入った。また骨折から回復しニースでキネマトリックスをRPしたばかりのの平山ユージが9位と惜しくもセミファイナル落ち。茂垣敬太、小澤信太が28位タイ。野口啓代が14位、真達朋子が24位だった。

■クリックすると詳細にジャンプします



  1. 2006/09/25(月) |
  2. 登山・クライミング|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

iPodがスポーツを楽しくする(ビーチバレー 田中姿子さん)

g02.jpg

バレーボール全日本代表として活躍後、ビーチバレーの舞台に活躍の場を移し、プロビーチバレーボールプレイヤーとして世界中を転戦している田中姿子選手。2008年北京オリンピック出場を目指す田中さんに、ビーチバレーという競技について、さらにビーチでの音楽の楽しみ方についておうかがいしました。

■クリックすると記事にジャンプします
  1. 2006/09/24(日) |
  2. ビーチバレー|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

iPodがスポーツを楽しくする(スカッシュ 松井千夏さん)

g03.jpg

2001年・スカッシュ全日本選手権を最年少で優勝し、その後、活躍の舞台を世界に移している松井選手。女性アスリートとしてTV番組にも引っ張りだこの松井選手に、スカッシュに関するエピソードとその魅力、そして音楽との関係性についてお聞きしました。

■クリックすると記事にジャンプします



  1. 2006/09/24(日) |
  2. スカッシュ|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

世界で活躍する日本人選手(フリークライミング 尾川智子さん)


p04_l.jpg


■名前
尾川 智子

■競技
フリークライミング

■profile
1978年4月14日生まれ、愛知県出身。
宇宙飛行士を目指して進学した早稲田大学理工学部物理学科卒業。
在学時の2000年、国体山岳競技に誘われたことがきっかけで、クライマーの道に。
2003年には「Asian X-game v MALYSIA」で優勝。
競技歴3年にして、アジアチャンピオンになった。

■HP、blog
尾川智子の はーとふる ぼるだりんぐ
http://blog.livedoor.jp/heartfulbouldering/


  1. 2006/09/22(金) |
  2. 世界で活躍する日本人選手|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

フェンシングとは

rotator.php.jpg

【フェンシング】
■発祥と歴史
フェンシングは中世の騎士道華やかなしり頃、「身を守る」「名誉を守る」ことを目的として磨かれ、発達してきたもので、その後、火器類の発達により、戦いの場での実用性はなくなってきましたが、その繊細でスピード感のある技術に魅せられる者が多く、競技化されていきました。

1750年に金網製のマスクが開発され、安全性が高くなり、この頃よりヨーロッパ各地で盛んに競技会が開催されるようになりました。第一回近代オリンピック(1896年・アテネ)以来、正式競技となっています。
当時は競技方法、ルールなどあいまいなものでしたが、1914年のIOC国際会議で「競技規則」が採用され、これにより、解釈の違いによるトラブルがなくなり、同時に現在の国際フェンシング連盟の規則書の原案となりました。

日本では、昭和7年、岩倉具清が伝え、大学の学生に教えることから始まりました。

■ルール
フェンシングは、白いユニフォームに金網製のマスクを着用し、片手に鋼鉄製の剣を持った2名の競技者が、ピストと呼ばれる試合コート上で互いに相手の定められた身体部位を、突いたり、斬ることによってポイントを競いあう競技です。

種目はフルーレ、エペ、サブールの3つです。
フルーレは突くだけで、頭、腕、大腿、脚を除く部分が有効面となります。
エペは決闘の武器といわれ、全身どこを突いても有効となります。
サブールは、突く、斬るいずれもよく、上半身すべての部分が有効面となります。

■協会等
(社)日本フェンシング協会

■その他
日本はオリンピックに1960年のローマ大会で初参加しました。
オリンピックでの成績は、1964年の東京大会での男子フルーレ団体4位入賞が最高の成績です。

  1. 2006/09/22(金) |
  2. フェンシング|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

ボディボード JPBA第2戦「マリンジャックカップ」

2006年8月5日(土)~6日(日)にJPBA第2戦「マリンジャックカップ」が高知県東洋町・生見サーフィンビーチにて開催された。
ここは徳島県にほど近い場所にあり、サーフィンの世界大会も行われる日本有数のサーフスポットなのである。

MENS
1位 榎戸輝アマ
2位 京谷雄策
3位 榎戸崇人アマ
4位 近藤義忠
5位 八子顕一
遠山純アマ
7位 相原法央
山口幸平

WOMENS
1位 渡辺萌アマ
2位 奥山千晶
3位 小池葵
4位 森本路子
5位 古山みゆき
藁谷麻紀子
7位 西山千草
小倉亜希
  二宮千津
  Francis Aoto

DROP KNEE
1位 野崎久司
2位 加藤勝典
3位 近藤義忠
4位 京谷雄策
5位 富田和麻
  山田亨

[All About Japan]

■クリックすると記事にジャンプします

  1. 2006/09/22(金) |
  2. ボディボード|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

女子ホッケー W杯へ向け意気込む日本代表 27日開幕


ホッケーの女子ワールドカップ(W杯)が27日、スペイン・マドリードで開幕する。2大会連続5回目の出場となる世界ランク8位の日本は、同2位のアルゼンチン、同3位のオーストラリア、アジアのライバル・韓国(同7位)などが入るB組で1次リーグを戦う。恩田昌史監督は「6位が目標。世界でどの程度通用するか試してみたい」と意気込む。
[毎日新聞]

  1. 2006/09/22(金) |
  2. ホッケー|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

ホッケーとは

field_hockey.jpg

【ホッケー】
■発祥と歴史
ホッケーの歴史は紀元前2500年の古代エジプトまでさかのぼります。ナイル川流域の遺跡の壁画に二人の人物がスティックを重ねている図が描かれており、これがホッケーの起源とされています。
近代ホッケーの母国はイギリスとなっています。19世紀末に近代ホッケーが確立され、イギリスの隅々まで広がりました。
日本にホッケーが伝わったのは1906年、明治36年、英国人ウィリアム・T・グレーが慶應義塾の学生を指導したのが始まりとなっています。

■競技人口
日本における競技人口 約3万人

■ルール
11人ずつの2チームがスティックでボールを奪いあい、パスやドリブルでボールを運び、相手ゴールに入れることを競うスポーツです。
スティック以外のいかなる身体部位もボールには触れることができません。
危険防止のためにスティックで相手を押したり、ひっかけたり、たたいたりすることは禁じられています。
又、肩より上にあるボールを扱うことができません。

■協会等
社団法人 日本ホッケー協会

■その他
メキシコオリンピックを最後に、34年間日本はオリンピックの舞台から遠ざかっていました。
しかし2004年、日本代表女子チームが女子としては初めてのオリンピック出場権を獲得、アテネ大会に出場し8位入賞を果たしました。



  1. 2006/09/22(金) |
  2. ホッケー|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

ペタンクとは

petanque_.jpg

【ペタンク】
■発祥と歴史
ペタンクは、南仏生まれの、だれでも楽しめる球技で、ヨーロッパを中心に普及しているスポーツです。
「ペタンク」の語源は、南フランス地方の方言「ピエ・タンケ(両足を揃えて)」に由来していると言われています。
資料によれば、1900年代のフランス、マルセイユ近くのシオタという町で流行していたプロヴァンサルと呼ばれたゲームの変形がペタンクの始まりと言われています。
このプロヴァンサルは、広い場所が必要で、投球前に3歩助走するものでした。
元チャンピオンのジュール・ル・ノワールが病気で車椅子生活となってしまったので、友人のピイティオが彼のためにルール変更を提唱し、ボールを投げるスタートの位置と目標球の距離を短くし、助走も禁止しました。これが、現在行われているペタンクの誕生ということになります。

日本では、昭和45年頃から始められ、年々競技人口が増えています。

■競技人口
フランスでは愛好者が500万人(うち会員登録者50万人)、
日本では愛好者は40万人(うち協会会員7,500人)

■ルール
地面に描いたサークルを基点として、木製の目標球(ビュット)に金属製のボール(ブール)を投げ合って、相手より近づけることで得点を競います。
ゲームには、トリプルス、ダブルス、シングルスの形式があります。
トリプルス(トリプレット):3人対3人で各自2球のボールを投げる。
ダブルス(ドウブレット):2人対2人で各自3球のボールを投げる。 
シングルス(テットアティット):1人対1人で各自3球のボールを投げる。

■協会等
日本ペタンク協会

■その他
毎年行われる、全国健康福祉祭(ねんりんピック)の競技種目としても採り入れられ、生涯スポーツとして高齢者にも愛好されています。
秋田で行われたワールドゲームズ2001年大会では、ブールスポーツ競技としてペタンクとスポールブールが実施されました。
NPO法人日本ペタンクリーグ主催の全日本選手権大会も1999年から毎年開催されるようになり、2004年9月にはペタンクとブールスポーツの日本における共通の窓口として、NPO法人日本ペタンク・ブール連合が設立されました。

  1. 2006/09/22(金) |
  2. ペタンク|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

第20回 リード・ジャパンカップ

2006年9月2日~3日  
岡山県真庭市 湯原クライミングセンター

男子 リード 総合 成績
1 安間 佐千
2 茂垣 敬太
3 渡辺 数馬

女子 リード 総合 成績
1 野口 啓代
2 田中 亜貴
3 遠藤 由加

公式リザルト
  1. 2006/09/22(金) |
  2. 登山・クライミング|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

フリークライミング 世界ユースで安間佐千が優勝!!

8月25~26日にオーストリアのイムストで開催された世界ユース選手権で、安間佐千が男子ユースAで優勝した。
また、野口啓代も女子ユースAで2位に入っている。

男子ユースB
13位 杉本 怜
26位 羽鎌田 直人

男子ユースA
14位 中原 栄
15位 堀 創

女子ユースA
39位 梶山 沙亜里

男子ジュニア
20位 永田 乃由季
21位 小西 大介

[協会HP]
http://homepage2.nifty.com/jfa/compe/ic/ic.htm
  1. 2006/09/22(金) |
  2. 登山・クライミング|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

iPodがスポーツを楽しくする(フリークライミング 尾川智子さん)

g02.jpg
2003・2006年・アジアチャンピオンに輝くなど、日本を代表するフリークライマーである尾川智子選手。フリークライミングのワールドカップチャンピオンを目指し、日々厳しいトレーニングに励んでいる尾川選手に、フリークライミングの魅力と音楽の競技にもたらす効果を中心におうかがいしました。
[apple公式HPより]

■クリックすると記事にジャンプします
  1. 2006/09/22(金) |
  2. 登山・クライミング|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

フリークライミングとは

headerright.jpg

【フリークライミング】

■発祥と歴史
フリークライミングとは道具を使わず、人間の手と足だけで岩を登る競技です。
もともとは1970年代にアメリカのヨセミテ国立公園で始まったスポーツで、現在ではW杯も開催されており、欧米だけでなく、アジアでも広く楽しまれているスポーツです。

クライミングの競技化の始まりは旧ソ連で、現在のスピード競技の原型となるものが1950年代から開催されていました。
その後、80年代にフランス、イタリアなどで競技が実施されるようになり、さらに90年代後半に、競技の国際ルールが規定され現在に至っています。


■ルール
競技種目は、到達高度(距離)を競う『ディフィカルティ』、
スピードを競う『スピード』、
5m程度までの壁を使って複数のルート(プロブレム)を登り、完登したプロブレム数を競う『ボルダー』
の3つがあります。通常これらの競技はすべて人工壁で行ないます。人工壁以外では公認された国際大会は実施できません。

■協会等
日本フリークライミング協会

■その他
フリークライミングは、日本では登山の一部門という認識がありましたが、1980年代後半以降、強固な確保支点の導入により安全性が高まったことと、それにともない“スポーツクライミング”と呼ばれるスタイルが普及した結果、登山とは一線を画したスポーツとしての色彩が強くなってきました。
90年代以降は屋内に人工壁を設置した“クライミングジム”が各地に開設され、手軽に楽しめるようにもなりました。
日本にも平山ユージ、小山田 大といった有名なクライマーがいます。
  1. 2006/09/22(金) |
  2. 登山・クライミング|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

ウェイクボード プロツアー第2戦  茨城県常陸利根川

2006/8/18~8/20

PRO MEN
1 月岡 正芳 (D.D.T) 82.8
2 柳川 諒次 (liquidforce P-unit) 78.3
3 Matt Takaiwa (MWB) 71.1
4 長塚 学 (liquid force/Natural Style) 68.9
5 to4ki (D.D.T) 62.2
6 秀太郎 (liquid force/D.D.T) 59.4
7 青木 弘道 (HYPER LITE JAPAN) 55.0
8 石川 博文 (MWB&グレイズ) 50.6
9 畑 政宏 (B.O.M) 41.1
10 手塚 翔太 (12スクエア/D.D.T/白鷹) 18.3

PRO WOMEN
1 すずき きよみ (TeamSupreme/liquid force) 63.9
2 苫米地 恵 (CONCRETE) 55.0
3 山子 千鶴 (S.H.M FREEBOARD) 44.4
4 YOSHIKO (STROKE) 39.4
5 上村 法子 (HYPERLITE JAPAN) 31.1
6 宮崎 あやこ (FREEBOARD) 28.9
7 大島 亜美 (Team Y’S Gear) 26.7
8 高矢 智子 (Team krown /Team supreme) 23.9
9 竹ノ内 亜衣 (Team CWB JAPAN/DDT/LocoSAM/SG ISLAND) 19.4
10 鈴木 麻紗美 (FREEBOARD&Liquid Force) 18.9
  1. 2006/09/22(金) |
  2. ウェイクボード|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

ウェイクボードとは

Wakeboard.jpg

【ウェイクボード】

■発祥と歴史
水上スキーと同じように、モーターボートで引っぱってもらって水の上をスノーボードのようなボードで滑るスポーツです。
1980年代にサーファーが波待ちの時に、ボードに立ち、ボートに引っ張ってもらうという遊びから発展したものと言われています。
1984年アメリカで、ウェイクボード第1号「スカーファー」が誕生しました。当時は「ウォータースキーボード」なんて呼ばれていました。
「ウェイクボ-ド」は水上スキーに似ていますが、サイドウェイスタンスといって進行方向対し横向きの姿勢をとる事が大きな違いです。

■競技人口
競技者は約5000人以上
愛好者人口は、約60万人以上

■協会等
日本ウェイクボード協会

■その他
1990年に第1回ワールドカップがハワイで行われています。
国内大会はアメリカでウェイクボードが誕生してから5年後の1989年から始まりました。
2000年以降ウェイクボードは大変注目されています。
ウェイクボードが国内で行われ始めた当初はその本来の楽しみ方が伝わっていませんでしたが、現在はウェイクボードが誕生してから20年以上経過しさまざまな楽しみ方も多く伝わっています。
  1. 2006/09/22(金) |
  2. ウェイクボード|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

第2回インディアカワールドカップ

今月10日~13日エストニアのヴィリャンディ市で開かれた第2回インディアカワールドカップの結果が、公式サイトに発表されています。

日本からの参加チームも大いに健闘、混合の部では準優勝を勝ち取りました。
[協会公式HPより]


結果の見方がよく分からないのでリンクのみです
■クリックすると記事にジャンプします

  1. 2006/09/22(金) |
  2. インディアカ|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

インディアカとは

Lars sprung.JPG

【インディアカ】
■発祥と歴史
1936 年、ドイツのスポーツ指導者クローン・K により考案されました。
その生い立ちはブラジルのインディアンが行っていた「ペテカ」という伝承ゲームを、用具に改良を加えスポーツ化したものが最初です。
インディアカの名称は、「インディアンのペテカ」を略したものです。

■競技人口
全国で愛好者が100万人

■ルール
4対4で打ち合う(世界ルールでは5対5)。コートの広さはバドミントンのダブルスと同じ。ルールはバレーボールに近く、サーブから始め、レシーブ・トス・アタックの三段構成で敵陣に3回以内でボールを返す。バレーボールと違うのは、必ず片手でインディアカを打たなければならないことや、サーブ時の打点が肩よりしたであること、アタックをネットに引っ掛けて相手コートに返すことができない場合でも4回目に相手コートに入れれば有効打となることと等である。21点先取が一般的であるが、18点先取や制限時間制で行うこともある。ネットの高さは男子215cm、女子・男女混合200cm、シニア185cmなどが一般的。ローカルルールが多い。最近では前衛3名+後衛1名の新ルールを採用する大会が増えている。

■協会等
社団法人日本インディアカ協会


■その他
近年インディアカは、生まれ故郷のドイツをはじめ、ヨーロッパの11の国やブラジル、ニュージーランドやカナダでも行われています。
我が国では愛好者が100万人を超える発展を遂げ、世界中で最もインディアカが広まっている国となっています。
2000年5月には国際インディアカ協会が設立され、その幹事国となり、国際ルールが制定され国際競技会・国際交流が定期的に行われています。
  1. 2006/09/22(金) |
  2. インディアカ|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

第17回 セパタクロー全日本選手権大会


主催 日本セパタクロー協会
協賛 (株)アシックス、(株)キネシオ

場 所:国立オリンピック記念青少年総合センター体育館

この大会は18年度の各デビジョンの日本一を競う大会であり、また、本大会で本年12月にカタール・ドーハで実施される第13回アジア競技大会の日本代表選手が選考決定されます。

【DIVISION A】
           優 勝…MSC (寺本進、松田祐一、飯田義隆)
           2 位…E.F.Sepa (寺島武志、本橋淳、中塚智之)
           3 位…Suitakraw(松下健吾、田尻謙児、中西秀明)
【DIVISION B】
          優 勝…慶応B(須藤純、野村峻明、嶋田淳也)
          2 位…世田谷A(窪島春樹、佐藤壇、長谷景、吉沢剛幸)
          3 位…E..F.Sepa(田村洋介、渡部真識、御園良敬)
【DIVISION C】
          優 勝…KSC(奥千春、野海恵子、青木沙和)
           2 位…MAG(矢島歩、中川茉里、長村真紀、原愛香)
           3 位…MSCPAAk(西亜希子、山下美由貴、高山慶子、和暮綾乃)

全日本選手権大会でドーハアジア大会代表セ選手の最終選考を行い 次の代表を決定した。
 
男子代表選手:寺本進、寺島武志、宮寺渉平、松田祐一、田尻謙児、本橋淳、
          飯田義隆、中塚智也、平瀬律哉
女子代表選手:奥千春、中川茉里、矢島歩、長村真紀、野海恵子、高山慶子、
          青木沙和、原愛香、石原里美
 監 督   : 三沢 勝
 男子コーチ : 嵐 富美雄
 女子コーチ : 矢野 順也       

協会公式HP
http://www5b.biglobe.ne.jp/~takraw/index.html




  1. 2006/09/16(土) |
  2. セパタクロー|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

About

日本でメジャーではないスポーツのメディア掲載情報を集めたリンク集です。
ご意見・ご感想などございましたらメールでお知らせください。

    E-mail

Category

Links

Recent Comments

Recent Trackbacks

SEO対策 :スポーツ新聞
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。