スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-) |
  4. コメント(-)

インディアカとは

Lars sprung.JPG

【インディアカ】
■発祥と歴史
1936 年、ドイツのスポーツ指導者クローン・K により考案されました。
その生い立ちはブラジルのインディアンが行っていた「ペテカ」という伝承ゲームを、用具に改良を加えスポーツ化したものが最初です。
インディアカの名称は、「インディアンのペテカ」を略したものです。

■競技人口
全国で愛好者が100万人

■ルール
4対4で打ち合う(世界ルールでは5対5)。コートの広さはバドミントンのダブルスと同じ。ルールはバレーボールに近く、サーブから始め、レシーブ・トス・アタックの三段構成で敵陣に3回以内でボールを返す。バレーボールと違うのは、必ず片手でインディアカを打たなければならないことや、サーブ時の打点が肩よりしたであること、アタックをネットに引っ掛けて相手コートに返すことができない場合でも4回目に相手コートに入れれば有効打となることと等である。21点先取が一般的であるが、18点先取や制限時間制で行うこともある。ネットの高さは男子215cm、女子・男女混合200cm、シニア185cmなどが一般的。ローカルルールが多い。最近では前衛3名+後衛1名の新ルールを採用する大会が増えている。

■協会等
社団法人日本インディアカ協会


■その他
近年インディアカは、生まれ故郷のドイツをはじめ、ヨーロッパの11の国やブラジル、ニュージーランドやカナダでも行われています。
我が国では愛好者が100万人を超える発展を遂げ、世界中で最もインディアカが広まっている国となっています。
2000年5月には国際インディアカ協会が設立され、その幹事国となり、国際ルールが制定され国際競技会・国際交流が定期的に行われています。
スポンサーサイト
  1. 2006/09/22(金) |
  2. インディアカ|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mysports.blog76.fc2.com/tb.php/16-50fb855d

About

日本でメジャーではないスポーツのメディア掲載情報を集めたリンク集です。
ご意見・ご感想などございましたらメールでお知らせください。

    E-mail

Category

Links

Recent Comments

Recent Trackbacks

SEO対策 :スポーツ新聞
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。